2012年5月8日火曜日

テクニックだけでは上手くいかない

前回は、話をする時にリアリティを持って話すと引き込まれるっていう話でしたね。
例を上げたけど、リアリティを感じさせる要素については書かずに、宿題にしましたよね。
みんな考えたかな?
私の考えでは、リアリティ、臨場感と言ってもいいんだけど、これを作り出す要素は大きく二つある。
一つは、五感の感覚を想起しながら話すこと。
もう一つは、現在起きているつもりで話すこと。
注意して欲しいんだけど、言葉に五感表現を入れる、とか、現在進行形で話す、じゃないよ。
どう違うかっていうと、前者は話し手の頭の中のことを言ってるのに対し、後者は表面的な技法について言っている。
後者のような技法ばかりに脚光が当たりがちだけど、それでは絶対にうまくいかないよ。
技法分析じゃダメ。心から、自分がその世界に没入するのよ。
このことは、私が歌手をしていた時に学んだことなんだ。
小上手な歌手はテクニックが見え見えで、素人さんには上手に聞こえるだろうけど、心に響かない。
本当にハートをノックアウトされる歌って、
どうやって歌おう、どんな声を使おうなんて、まるっきりなくて、
素のままの歌手が、そこに立っているって感じなんだよ。
そうそう、話はズレるけど、私の歌の師匠は、いつも言っていた。歌手はみんなの前でストリップしてるのと同じなんだよ、って。
それだけ、素の自分を出して、真剣勝負してるってこと。話をする時も、テクニックだけじゃダメ。
裸になって、真剣に表現するから、リアリティも生まれるんだよね。
今回のお話はここまで。
他にも要素があるよって思った人は、連絡ちょうだい!

0 件のコメント:

コメントを投稿