2012年5月23日水曜日

言葉の裏の意味

久しぶりのブログになってしまいました。
でも、今回はもう少し書き続けるよ。
100の記事ができるまでを一つの目標にしよう。
これは5つ目かな。

今日は、言葉に絡めたコミュニケーションの失敗について書きます。
私もたくさん失敗して、イタイ目に会っています。
私たちが人と言葉を交わす時、時々、表の意味と裏の意味があるなんてことはないですか?
これって、言ってる本人には自覚がないから余計に厄介。
恋人同士のケンカなんて、まさにこれだ。

「その仕事、いったい何の意味があるの? 無意味じゃない。そんな仕事してるあなたなんて」
とヘソを曲げる彼女。
しかし、本当は彼女がヘソを曲げているのは、彼の同僚の可愛い女の子のことなんだ。

「なによ、あんな女と親しげにしちゃって。ふん、あんな女のどこがいいのよ」
と、心の奥で怒っている。
でも、彼女はそれをストレートには表現できないんです。
ヤキモチ焼きの自分の醜い面を恋人に見られたくないからだ。
だから仕事のことに置き換えて表現してるわけだけど、
彼の方はストレートにそれを受け取る。

「いや、あの仕事はとても重要な意味があるんだよ。僕が真剣に取り組んでいることを、そんな風に言わないでくれないかな。余計な口だしはやめてくれ」
ってことで、二人のケンカは決裂してしまいます。
本当は「他の女性とは仲良くしないで」と言えば
ラブラブムードのまま済んだことが、こんなことになっちゃうんですね。


仕事のシーンでも、たまに起きています。
アポを取って来社した営業マンが
「御社なら、このくらいのレベルは当たり前でしょうが。さらに一歩上を目指しませんか? 御社の社員さんならおできになると思います」
とか言いつつ、さりげなく商品の提案をしてくる。

丁寧で何の問題もない言葉なんだけど、
なぜか気分の悪い営業マンだ。
持ち上げられれば持ち上げられるほど腹が立ってくる。

そんな経験ないですか?
もちろん、持ち上げられて喜ぶ人もいるが、そういうのは論外だ。
表面上の丁寧な言葉は、本音じゃないことが感じ取れる。
まわりくどくて言葉に嘘を感じるから気分が悪くなるんです。
営業担当の人、見破られてるから気をつけてね。


さて、言っている本人も気づかない言葉の裏の意味。
これがコミュニケーションの失敗に繋がってるわけだけど、
どうしたらいいんだろうか。


まず、こういうことが起こりうるってことを知っておくことだ。
そして、うっかり自分が裏のコミュニケーションの罠にハマってしまったら、
極力、正直になり、相手への敬意を持って努力する。

少し時間を置く必要もあるかもしれないけど。

素直で謙虚な気持ちがあれば、
きっと失敗から脱出できるから!

これって自分へのメッセージ。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿