2008年11月6日木曜日

マインドマップとフォトリーディングを使った勉強法

資格試験を受けたいと考えている方が、
フォトリーディングとマインドマップの講座にいらっしゃるケースが、
最近とても多くなっています。

勝間和代さんの影響か、
特に会計士を目指しているという若い人がよくおいでになります。

私も中小企業診断士試験を1次、2次、ストレート合格した経験を持っており、
(ストレート合格率は3%)
インストラクター・プロフィールにもそのことを書いているので、
試験対策でフォトリーディングやマインドマップを学びたい人が
特に集まっていらっしゃるようです。 

資格試験は「受かる」と決めてかからないと受からないもので、
この辺りのことは、実はセルフマネジメント、目標実現手法なのですが、
今日は、フォトリーディングやマインドマップを勉強にどのように活用すれば良いのかを解説します。

資格試験などでは、何科目かが試験範囲になりますが、
これらは科目をバラバラに学習するよりも、全体的に学習を進めたほうがいいです。
科目間の知識が繋がり、全体の関係が見えてくるくらいのレベルになると、
国家試験合格レベルに達すると考えられます。

中小企業診断士試験であれば、私が受験したときには(2003年)、
1次試験は9科目8試験(今は助言理論がなくなりました)を一度に受験し、
総合計で1000点満点中600点以上であり、
40%得点未満の科目がないことが合格条件でしたが、
9科目をすべて一気に学習するのは、非常にハードなことでした。
科目も実にさまざまで、学習初期はまったくバラバラの知識のように思えます。
ですが、学習が進んでくると、実にすべてが繋がってきます。

ですので、勉強方法としては、
フォトリーディングをおおいに使って、全科目を何度も見たり、拾い読みしたりして、
全体に対する馴染みをつけながら、詳細を学習するようにしていきます。
徐々に知識が固まってきたら、この時点でマインドマップを使います。

学習初期の段階で整理目的にマインドマップを使うのも一つの方法ですが、
私の経験では、これだけでは学習効果は薄いものになります。
整理はできますが、時間がかかりますし、
案外、あとから使わないというケースが多いと思います。
テキストにすべての情報を集めて書き込みしてしまい、
それを繰り返し見たほうが、おそらく知識定着と理解に役立つでしょう。

それでは、いつマインドマップを使うと効果的かというと、
学習初期ではなく、学習中期頃に使います。
ある程度、知識が固まってきたら、
テーマ別に、テキストも何も見ず、
自分の理解していることをマインドマップに書いてみるとよいでしょう。

つまり、インプットではなく、アウトプットのツールとしてマインドマップを勉強に活用するのです。
最初は何も書けないと思うかもしれませんが、書いているうちに徐々にいろいろなことが頭に浮かびますので、どんどん書いてしまいましょう。
もしかしたら、テーマから外れたことが思い浮かぶかもしれませんが、構いません。
それも書いてしまいましょう。

これを書いている段階で、脳の中では、さまざまな断片知識の繋がりが再現され、
理解が深まり、記憶の定着が図られます。

書き終えてマインドマップを全体的に眺めてみると、新たなことに気づくかもしれません。
今まで、自分では見えていなかった知識と知識の繋がりを見出すこともあります。
これは、マインドマップの特徴で、全体を見渡し繋がりを見つけやすいために、気づきや創造に非常に役立つのです。

さて、マインドマップを書いてみると、自分が何を知らないかもよくわかります。
それが発見できたら、ラッキーです!!
今度は、その「自分が知らないこと」を目的として、フォトリーディングの活性化をしてください。
自分が読むべき個所、補強すべき知識が明確になっていますから、非常に効率的な勉強ができるはずです。

マインドマップ&フォトリーディングは最強の勉強ツールになります。
私もこれで一発合格を果たしたのですから。

これらは単なるノート法や読書法ではなく、人間の能力を生かすための人生の生き方講座でもあるように思っています。
私の場合には、これらの勉強ツールを使うほかに、ヒプノセラピーなどで用いる「自己暗示」の力をとことん使って、モチベーションを維持し続けていました。

試験に向かうのは本当に大変ですが、やれば大抵の人は合格する能力を持っています。
私だって、何も事前知識がなくて、合格したのですから。

要は、「やるか、やらないか」

それだけなのだと思います。

塚原美樹のマインドマップ講座はこちら

塚原美樹のフォトリーディング集中講座はこちら

塚原美樹のヒプノセラピー講座はこちら



0 件のコメント:

コメントを投稿