2006年11月19日日曜日

意味のないことをしよう

今日はひさしぶりに、お休みの一日だった。
こうして、ゆっくり休むのは、ホント4ヶ月ぶりくらいだったかな。

こんなことではいけないのだが、
ついつい、仕事をしてしまって、
きっちりと休めていなかった。

休みというのは大切だよね。
どうしても創業時というのは、ワーカホリックになりやすい。
そんなつもりはないんだけど、仕事のことが頭から離れず、
きっちり休まずに、たらたらと仕事を続けてしまう。

積極的に休みを取るためには、
料理をする、
掃除をする、
洗濯をする、
意味がないような?ことを一所懸命する、

なんていうのがいいんじゃないだろうか。
家事を真剣にするのは絶対にいい。
でも、それじゃつまんない、という場合には、
意味のないようなことを一所懸命するといいんじゃないのかな。

たとえば、絵を描いてみるとか、曲を作ってみるとか、
実は、意味がなくないんだけど、
ビジネス的には意味がないようなことをやってみる。

私の描いた絵なんて、しょうもないよね~~、
とか、いいながら、真剣に描いてみる。

うるさいと家族に怒られながら、ヴァイオリンなんか弾いてみる。

かのアインシュタインも
実はヴァイオリン奏者だったそうな。
ヴァイオリンを弾き終えると、
考えていたことの答えがみつかったんだって。。。

そう思うと、休まないと、答えはみつからないんだよね~。

意味のないこと、どんどんやって、
お休みして、
新しい答えを見つけないと、ビジネスはうまくいかないんじゃないだろうか?
ね??

2 件のコメント:

  1. アインシュタインの話は始めて聴きました。
    ニュートンは若い時に力学の方程式を発見して、あと晩年までは錬金術を研究してすごしていたそうな・・・(関係ないか)

    返信削除
  2. イニシアさん
    ニュートンの錬金術の話は初耳でしたが。。。。
    でも、きのう聞いた話だと、
    リンゴが落ちた話は、これで終わりじゃないんですって。
    リンゴの横にまる~い月が見えたんですって。
    なんか、面白いですよね。

    返信削除