2006年3月4日土曜日

本の販売促進策は考えればあるものだ

ゆうべは、「ビジネスリーダーの夢と挑戦」の販売促進会議だった。

書店まわり、プレスへのアプローチと、
少しずつはやっている。

つい先日、何故か
「聖教新聞」にも、この本が掲載された。

創価学会の方が共著者にいたかどうかは知らないが、
どっかに繋がりがあったんだと思う。

一応、全国紙だからね~。
読者数ははんぱじゃないでしょう。。。

で、ゆうべは4人の著者が集まって、半分冗談まじりで、
「どうすりゃ、もっと売れるんだ?」
を考えた。

全員コンサルタントなんだから、そのくらい考えられなきゃ恥ずかしくもあります・・・。

「ワタミのメニューに何故か本が掲載されている」

「エイチ・アイ・エスの海外からのツアーに何故か書店で本を買うオプショナルツアーがついている」

など、アホな話も含め、
結構、考えるといろいろと出てくる。

これぞ、ブレストの良い点ですよ。
一人じゃ、思いつかないことも、どんどん思いつく。
きのう、新たなチャネルとして出てきたのは、

   学校

学校に売るっていうのも、いいよね~。
詳細はこれから詰めるとして・・・。

とはいえ、
やはり、出版社の力というのは大きいみたいです。
出版社によっては、まったく扱っていない書店もあるようですし・・・。

しかし、こういうことやっておくと、
きっと、将来の役に立つ。

販促会議は90分で終了し、そのまま宴会になだれこんだ。
4人で焼酎2本も開けちゃいまして、
また、帰ったら、フラフラだったよ~。

しかし、なんか知らんが面白かった。。。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿