2006年2月6日月曜日

意味もなく湧いてくるイメージには、どんな意味があるのか?

寝入りばなとか、寝覚め前に良いアイディアが思いつくという話は
いろんな社長から聞くんだけど、
私も実際に、朝方アイディアが湧くことが多いんだよね。

なんでかな~、
と思っていたんだけど、良く考えてみると当たり前のことなのよ。

寝入りばなや寝覚め前というのは、
潜在意識と顕在意識の間にある意識の膜がはずれている状態。

顕在意識が強すぎると、この膜が働いて、
潜在意識は表に出てこない。

半分寝ていて、半分起きているような状態のときは、
顕在意識はあまり働かない。だから、潜在意識が出て来やすくなる。

また、完全に眠って、潜在意識だけになっている状態では、
良いアイディアは浮かんだとしても、覚えていることはできない。
顕在意識も目覚めているような状態でないと、ダメなんですね。

だから、寝覚め前なんていうのは、
潜在意識から送られてくるメッセージを受け取るのに最適の状態なんだ。

催眠によって、これと同じ状態を作り出すことができる。

実際に催眠に入ると、次々といろんなイメージが湧いてくる。
これが、ホント脈絡なく出てくるんだよね~。

突然、数年前に行ったことのあるお店の店頭が見えてきたり、
かと思うと、すぐその後で、全然関係ない人の顔が浮かんだりする。

ポパイみたいな帽子をかぶった男性が
急勾配の坂をお尻をついてすべっているイメージが現れる。
かれがすべり落ちた瞬間に、パリンとガラスが割れるイメージが現れる。

あるときは、
銀座の雑踏が私に向かって3倍速で押し寄せてくるイメージ。
その直後に、美しい蘭の花を真下から眺めているイメージが浮かんだ。

まるで、ディズニーのファンタジーアニメーションを見ているようだよ。
想像もつかないことが、次から次へと現れる。

人間の脳の処理能力というのは、
信じられないくらいのスピードなんだよね。
しかも、潜在意識は、まったく想定外の働きをする。

この不思議な連続するイメージが、いったい何を意味しているのか、
これが分かると、面白いよな~、と思います。

イメージ自体を湧きやすくする方法にも興味があるけど、
湧いてきたイメージから意味を読み取る方法にも興味あるよな~。

今年は、その方法を開発しようと思うんですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿