2005年12月21日水曜日

師匠に求められる資質

きのうは、久しぶりにヒプノセラピーのご師匠のところに行ってきました。

師匠に会うというのは、いいものです。
その方にお会いするだけで、心洗われるような気持ちになれます。

先生、と呼ばれる立場の人というのは、
やはり、高い人間性を備えている必要があると思います。

単に知識やテクニックを教えるだけでは、先生にはなれないでしょう。
そんなものは、誰にでも教えられます。

「学習 = Learning というのは、
  知識の修得ではなく、パラダイムシフトである。」

という話を先日聞いたのですが、
まさしく、そのとおりだと思います。

つまり、
先生というのは、生徒の人生観、価値観に
影響を与える仕事です。
自らがしっかりした理念や人生観、価値観を持っていなくては
人に影響など与えられるはずがありません。

私もコンサルタントとして、
また、研修講師などとして、
人に教えることが多い立場です。

コンサルの仕事をする中で、
「あなたを信用したのは、価値観について話をするから」
と言われたときは、やはり嬉しかったです。
きちんと、見て欲しいところを見てくださって
選んでくださったと思えるからです。

研修講師をするときにも、
受講生が、何を学んでくれているのかは
目を見ていれば分かります。

私にとってのご師匠は何人かいますが、
みんな人間的に素晴らしい方です。
私も自分自身をもっともっと磨いて、
人の心に、深く影響を与えられる仕事をしていきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿