2005年10月25日火曜日

お客様が事業の方向性を考えてくださる

この前、お客様と話をしていたら、
お客様がおっしゃるのだ。

「ヒューマン・リスペクトは学校をやればいいんじゃないか」(お客様)

「はあ・・・」私

「経営者対象のサービスはこのままで、OLさんなどを対象に学校を・・・」(お客様)

「う~ん・・・」私

安田さんとお客様が話しているところに途中から加わったので、
詳しいところまでは聞けなかったのですが、
お客様が当社の事業の方向性を考えてくださっているのだ。

これは、スゴイ。ありがたい。

でも、考えようによってはですね、

「この会社、まだまだの会社だから、俺が考えてやらなくちゃダメなんだよな~、がんばれよ~」

というような、心配とも取れる。。。。

いずれにしても、お客様が心配してくださるというのは、嬉しい。

もともと、当社のビジョンは総合人材育成事業だから、
学校っていうのもアリである。

今はまだ、現在の仕事の立ち上げ中。
でも、先のことを考えると、どんどん仕事っていうのは広がる。
お客様も一緒に夢みてくださるんだから、
絶対にがんばらなくてはいけないんだ~!!

0 件のコメント:

コメントを投稿