2005年9月7日水曜日

成約のタイミングは重なる

どういうわけか、成約できるタイミング、
仕事が来るタイミングというのは、
いっきに来るものです。

今日はまた一件、スポットの契約が取れましたが、
なぜか同じ日に、2件ほど引き合いの電話連絡が入りました。

不思議です。

人間にバイオリズムがあるように、
会社にもバイオリズムがあるようですね。

波に乗り出すと、どんどん乗るってことなんですね。

ですが、
今、上がり調子ということは、
必ず下がり調子になる時も来るってことです。

そのときでも平常心で
マイペースで信じる道を行けるように、
自社の方向性をしっかり見なくては。。。


10年後、私もいい年になります。
その頃には、
現場コンサルタントからは引退しているかもしれないです。

若い人のバイタリティ、柔軟性を発揮してもらったほうが
クライアントさんも、喜ぶんじゃないかな~と。。。

というのは、
昔、K先生の一日5万円のセミナーに出た時に、
隣に座っていた受講生が
米国公認会計士、税理士の資格を持った50すぎの人だったのです。

その方いわく
「コンサルテーションは若い先生のほうがいいですよ。
 新しい知識も持ってるし、私のような年寄りがやるより・・・。
 今は通販やってるんですが、こっちのほうが面白いですよ」

その話を聴いたときには、
「へ~、そういうものか~」と思ったんですが、
なんとなく、分かるような気がするのです。

もちろん、ベテランのコンサルの先生の良いところも
たくさんあると思いますが、
私の場合は女性なので、
結構、年というのは気になるところなのです。


だとすれば、今から10年後までにやるべきことが見えてきます。
もっともっと、しっかり将来を見たいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿