2005年9月20日火曜日

アウトプットすればするほど、自分が固まる

創業して1年ですが、
ここ数ヶ月間のアウトプットの量というのは、
一年前にくらべたら、物凄い量だと思います。

アウトプットと言っても、別に仕事の仕上げ量を指しているのではなくて、
自分の腹の中から出てくる主張、考えなどのことです。

もともと図々しいほうなので、
自分の思うことは言いたい放題でしたけど、
1年前には、ここまで出していなかったと思います。

ですが、最近では、言ってナンボ、書いてナンボ、
というくらい、自分の主張、考えに自信を持ち、
出しまくっています。

こうなってきた要因は、
自社メルマガやクライアント向けのニュースレターの発刊、
ファックスレターの発刊、オーディオセミナーの発売などです。

コンテンツを売るビジネスというのは、
商品化を進めると、アウトプットの量と質が向上します。
売ろうっていうのに、恥ずかしいものを出せないですからね~。

とはいえ、アウトプットが増えるということは、
面白いことに、知識量が増えるということとは関係ないのです。

知識というよりは哲学、
自分自身が固まるということ。

このことがアウトプットには影響すると思います。

凝り固まって、融通がきかなくならないように
そろそろ注意したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿