2005年8月19日金曜日

靴を揃えることは勉強よりも大切なこと

9歳の娘が真っ黒になって帰ってきました。
ワタミ北海道自然学校の4日間の旅に行っていたのです。

迎えに行った羽田では修了式があり、
子供たちが成果発表をしてくれました。

なんだか、こういうのって、すっごく弱いんです。
涙出るんだよな~~。

大自然の中で、夢を持つことを学び、子供たちは成長したんだろうなあ・・・。
しみじみそう思い、本当に参加させてよかった!と・・・。

最後に渡邊美樹社長から修了証書が渡されました。
渡邊社長の読み上げた修了証書は、それは素晴らしい内容です。

ここに、記載させていただこうと思います。

-----------------------

あなたの心に蒔かれた種

一、君の生命は他の生命を犠牲にして存在している
  だから「生命」を大切にしよう

一、美しい地球を美しいままに守っていこう
  だから「自然」を大切にしよう

一、「友達」がいると人生が輝く
  だから思いやりの心をいつも持ち続けよう

一、挨拶をすること、約束を守ること、くつをそろえることは
  勉強よりも大切なこと
  人として正しい「生活習慣」を身につけよう

一、「夢」を持ち、「夢」を追い、「夢」を叶える
  それこそ人生だ

----------------------

どれも素晴らしい真実ですが、私の好きなのは、4番め。
靴を揃える、挨拶をする、約束を守る
当たり前のようで、なかなかできないことです。
こういったことが、勉強などよりもずっと大切なことであることを
きちんと子供たちに教えていかなくてはいけない。

実は、これって、企業の人材教育でも同じですよね。
仕事ができるとか、実績を挙げるとか、
そういったこと以上に大切なものがあるのです。

渡邊社長の教育方針にはまったく同感です。

また、こんなことも今日は子供たちにお話されていました。

勉強は「夢」を叶えるためにするんだ。
誰かと競争して勝とうなどと、
あさましい心で勉強に取り組むようなことは決してするな。

これまた、本当に同感です。

人生はすべてオリジナル。
誰かと比較して、
良かっただの、悪かっただの言えるものではありません。

自分だけの夢を叶えるために、
自分の心を鍛えるために、
自分だけの学びを得るために、

何かに取り組んで欲しい
と、心から思います。

解散後、私のところに来て、
どうしたことか急に不機嫌になり、突然泣き出した娘。

四日間、娘なりに頑張ってきたんですね~。
きっと、彼女にとって素晴らしい体験になったことでしょう・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿