2005年7月31日日曜日

小さければ小さいほどいい

小さな一輪挿しに、
大好きなうすむらさき色のトルコ桔梗が飾られていた。

ホテルの朝食時のできごとです。

トルコ桔梗のはかなげな美しさも大好きだけど、
一緒に活けられていた小さな葉っぱのついた植物のほうに、
実は、目が釘付け・・・。
なんともいえない可憐な葉っぱ。。。


だから、その一輪挿しはね、
主役のトルコ桔梗じゃなくて、
脇役の名もないその植物で、もっていたんですよ。

こういうことって、ほかにもありますよね。

主役じゃなくて、脇役が心を捉える。

主役に何を持ってくるかは、メインテーマ。
脇役に何を持ってくるかは細部にこだわるということ。

メインテーマがいいのは、あたりまえ。
細部にこだわってこそ、素適だと思わせることができる。
人の心を動かすことができるのではないでしょうか。

気を使う部分というのは、小さければ小さいほど、素適なんですね。

私自身は、とっても大雑把な人間なんですけど。。。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿