2005年6月14日火曜日

人間の生きる幸せって・・・

あたりまえのことかもしれないですが、
きのう、ものすご~~~~~いことに気づきました。

「人間は、人とかかわることでしか幸せになれない」

これ、コピーライツとっちゃおうかと思うくらいの、すごい発見ですよ。


だって、考えてください。

お金持ちになって、それで幸せになれますか?
それだけじゃ、たぶん幸せにはなれないよね。

いや、そんなこと無いって?
でも、よく考えてみてください。

そのお金を誰かのために使ったりして、誰かに喜んでもらって、
それが嬉しいよね。
だから、お金がたくさんあることが嬉しいんじゃなくて
それを使って、誰かとの関係を作れること
誰かの幸せを作れることが嬉しいんじゃないでしょうか・・・。


自分が健康でありたいと思うとします。

もちろん、病気になるのは痛いし、辛いし、イヤだけど。
それ以上に、
もし、自分が今死ぬようなことがあったら、家族が本当に心配。
仕事を一緒にやってくれる仲間が心配。

健康であることで、自分がやるべき仕事を果たし、
世の役にたちたい。
自分のやった仕事で、
幸せになってくれる人がひとりでも多くなって欲しい。

・・・・・ってことじゃないでしょうか・・・・・。

やっぱり、人間、誰もひとりでは生きていけないのです。

必ず、誰かとのかかわりの中で、喜びを感じたり、学びを得たり・・・。

よく、人は自分の鏡だと言いますが、
これをもっと深く考えると、
鏡になってくれている相手は、
よくも悪くも、自分の幸せの素になる人なのではないでしょうか。

幸せを映し出してくださる鏡は幸せをそのままに。
不快感を映し出してくださる鏡は自分の学ばなくてはならないことを・・・。
いずれも、教えてくださっていると思います。

人と人が出会う確率というのは、
天文学的な数字ほどに低いものなのだそうです。

だとしたら、
隣の嫌なやつも、本当は自分にとっての素晴らしい人なんじゃないでしょうか。

「人間は、人とかかわることでしか幸せになれない」

この法則を名づけて

「一人じゃ幸せになれないの法則」

といたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿