2005年5月15日日曜日

理念に生きる

きのうは、診断士仲間の会で出かけてきました。

例によって、帰りには東京駅近くの某居酒屋で宴会に・・・・。

ほとんどが独立コンサルタントですが、企業内で働く診断士も参加してました。
その企業内診断士が、話し出すのです。

「自分も独立したいが、本当にやりたいことは別にコンサルティングではない。
 実は福祉関係の仕事を立ち上げたいと考えている。」

診断士というと、独立の道はコンサルタント、と思いがちですが、
そんな必要はないですよね。どんな方法でも独立はできます。

合格すると、多くの人は一度は独立を考えると思うのですが、
果たしてコンサルタントになるのが目的なのでしょうか・・・
事業家になるのが目的なのでしょうか・・・・・。

これは、実は大きな違いだと思います。

彼はさらに私に話してきました。
「コンサルタントは企業理念や戦略について指導してるけど、自分の理念や戦略を持っているコンサルタントがどれだけいるんだろう」

本当にそうだと思います。
コンサルタントという業種を選ぶからには、まず自分が企業家精神を持つ必要がありそうです。

独立する意味、事業をやる意味、生きる意味を深く考えると、コンサルタントであるならば、やはり理念に行き着く人だけが本物ではないかと思います。

理念を実現することが事業をやる意味・・・・その方法は・・・・・。

やはり、一人でできるものではない、と私は思います。
仲間と協力しながら、理念を実現する必要があります。

理念が一緒であれば、業種は実はなんであってもいいのでは、とも思います。

福祉関係事業とコンサルティング事業、
全然違うようで、
案外、将来どこかで提携しているかもしれないですね。

2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    コンサルタントにも企業家精神てとても大切だと私も思っています。
    なぜなら、世の社長さんはコンサルタントと聞いても、知識だけで果たして実践でうまくいくかどうかはわからない。実践したこと無いのに信用できないとか言われる方が多いです。
    ある診断士の方にお会いしたときに、会社としても
    実践することを大切にしているので、実践部門というのを設けて飲食店経営をしている、経営のノウハウだけでなく、実際現場で人材育成もする。
    利益がどうということよりも、その精神がすばらしいと感じました。
    独立といっても色んな形があるでしょうし、同じ独立の仕方でも人によってまったく別物になりますね。今余り関連性が無くても、ビビットときてしたことなら、将来これをしてきたのはこのためだったんだと分かる日が来るでしょう。

    返信削除
  2. spring.fさん
    おひさしぶりです。
    たしかに、実践してない人の話は説得力なさそうですからね。私もまだまだひよっこです。

    返信削除