2005年4月3日日曜日

マーケティングは科学だと心から信じられた瞬間

4月26日に自社で初セミナーを開きます。

さて、どうやってお客さんを集めよう。

他のメンバーは、私が集めてくるんだろうな~って期待している。

取締役は、なんもしない私に呆れて営業に出かけてくれたけど・・・。

他の仕事に追われて忙しく、なかなか集客に入れない私は途方にくれつつも、あきらめてはいない。

みんなにキーパンチャーになってもらって、とりあえず、2,500件くらいのリストを打ち込んだ。

電話番号だったんですが、ファックスのところもあるだろうと思って一斉ファックス。

結果、1,300件に着信。

今のところ、このファックスマーケからの申し込みは約1%の反応率。

ゼロじゃない・・・。

普通チラシの反応率は0.03%くらいだっていうから、それからするとすごい反応です。

やったね! だって、みんな新規客ですよ。

はじめて、申込書がファックスに入ったときのあの感動!! ワクワク感!!

これがやりたかったんだよ!!

とはいえ、まだまだ初心者です・・・・。

だけど、ちょっとだけ自信がついた。

マーケティングは科学だと、いつも教わってましたよね。

それを本当に本当に、心から信じられるようになった。


だって、名もない信用もない知りもしない会社からのファックスに

反応する人が1%いるんだよ。

マーケティングを片方のポケットに

人への思いをもう一方のポケットに

それで起業して本当によかったと思います。



2 件のコメント:

  1. という発想は大切だと気付かされました。
    私もシカゴで起業家のためのネットワーク(本拠地la)を立ち上げました。これからどんどん人集めが必要なのですが、この発想を大事にしたいと思います。(chip)

    返信削除
  2. chipさんのコメントと同じ事思いました。
    マーケッティングを片方のポケットに、人への思いをもう一方のポケットに。
    いいですね。この言葉。
    やはり集客は、誰かのお役に立てるという気持ちがないとだめですよね。
    ただ数を集めようというのでは・・・
    自分に言い聞かせている言葉です。

    返信削除