2005年3月13日日曜日

経済学講義終了

今日は、某受験校で経済学の講義を6時間やってきました。

私にとっては、経済学は診断士講座としては初講義科目。

まさか、経済学を最初にやることになろうとは・・・。
だって・・・・
まるっきり、できなかった科目なんですよ。
企業経営理論とか財務会計とかなら、まだ馴染みもありますが・・・。

経済学は診断士試験に取り組むまでは、一度も勉強したことがなくて、
ゼロからのスタート。

それでも、数ヶ月で合格レベルに達することができたんですよ。

受験の年の2月頃に初めて講義を受けて、全然分からず、
5月の模擬試験で、なんと「15点」(100点満点)を取得(取得というのか?)。
それから、これはまじヤバイと感じ、
6月は経済学だけ勉強した・・・。

その甲斐あってか、本試験のときには、必要項目はほぼ押さえたという自信を持って臨めました。

だから、実質学習時間はとても短い。
それでも、結構高得点取れました。

今、分からなくても、できなくても大丈夫!!
必ずできるようになるから・・・。
がんばって、努力して取り組めば必ず分かる科目ですよね。

これって、受講生の方々へのエールです。

といいつつ、同時に自分へのエールを送ってるんだな。
今苦しくても、きっと大丈夫!!

4 件のコメント:

  1. おもしろい経歴ですね。
    上智新聞ですか?中沢先生っていらっしゃいませんでしたか?読売出身の方でしたが。

    返信削除
  2. 呉雅力さん
    >おもしろい経歴ですね。
    >上智新聞ですか?中沢先生っていらっしゃいませんでしたか?読売出身の方でしたが。

    返信削除
  3. チャレンジャー美樹さん
    大学は違うんですが、中沢先生には某新聞社のカルチャースクールで教わったんです。当時は新聞記者めざしていましたから。そして、そのころ新聞学科の女性と某通信社のマスコミセミナーで知り合ったこともあって、上智の新聞学科を強く意識したんです。
    ちなみにその女性は、経済系出版社に入って、いまは第一線を退かれてるんじゃないかなあと思います。ひょっとして、美樹さんのよく知られた方かもしれませんね。
    今?まったく違う畑ですね。

    返信削除
  4. 呉雅力さん
    そうですか。。。
    新聞記者をめざしていたんですね。
    私は父が、読売の政治部の記者だったせいか、自分では新聞記者になろうと思ったことはなかったなあ・・・。
    でも、ジャーナリスト精神みたいなものを、大学で教えていただいたように思いますよ。
    ご縁ですね。
    これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

    返信削除