2004年11月21日日曜日

宇宙の気を抱いて過ごす

きのう、エニアグラムとコーチングのワークショップに行ったところ、突如思い出してしまいました。

歌っていたときに、いつも思っていたこと。

「私は宇宙の気をもらって歌っている」

コーチングの考え方の中には、人間は皆、潜在意識のもっと深いところで繋がっていて、これは自然や宇宙とも繋がっているものだ、というものがあります。

私は歌っていた時に、「自我」を捨てると力を発揮できました。コーチングも似てるかもしれないな、と思いました。

「私は宇宙の気をもらって歌っている」
「私は宇宙の気をもらって生きている」

宇宙の気を抱いて過ごす……これは自我を棚上げするってことと、同じことかもしれないです。

まだ、頭がもや~っとしてるんだけど、すごい気づきがありそうな気がします。

そして、今日はシンクロも起きました。私がこのことに気づいたのは昨日なんだけど、今日、本屋で立ち読みした本……船井先生の本にもおなじことが書いてあった。

シンクロが起きたというのは、必ずなにかのしるしです。

0 件のコメント:

コメントを投稿