2004年6月6日日曜日

今も昔も儲かる人はやっぱりちがう……

おはようございます。

昨日は、診断士の研究会に行ってきました。
想像以上に濃い内容で、新米診断士の私にとっては、とても勉強になりました。

その中で、76才の大先輩の先生のお話が……。

こんな、おじいさんのコンサルなんて、大丈夫なんだろうか…と嘗めてかかっていた私が間違っていた……。

さすが……。

先生のお話を聞くと、さすが商売人!
マーケティングにせよ、講演のリハーサルにせよ、とことん徹底してやってらっしゃいます。プロとしての意識が違う。

コンサル歴38年で書いたり、監修した本は280冊くらいになるそうです。単著だけでも80冊くらい。
コンサルになるからには、年に2冊執筆することを最初に決めたのだそうです。

そのへんの若造じゃ、とても太刀打ちできないでしょうね。

この先生、はっきりとした収入額まではお伺いしませんでしたが、納税額は私の年収の倍くらいです。

二次会では先生のお隣に座り、この世界でのマーケティングの極意をお伺いしてきました。

一年後、先生に教えていただいたマーケを私が実践してたら、先生がごちそうしてくださる。逆に実践してなかったら、私がごちそうすることになりました。

今も昔も、ある程度になる方っていうのは、同じような要素をもってらっしゃるんですね。

自分も諸先輩方を見習って、努力しようと思います。

1 件のコメント: