2004年6月5日土曜日

倫理法人会の講演会に参加しました

おはようございます。

昨日は、某市の倫理法人会が開催した講演会に行きました。
倫理法人会というのは、私は知らなかったんですが、
全国にあるんですね。

経営者の勉強会で、倫理にもとづく生き方、倫理にもとづく経営を学ぶ場のようです。

ある方のおすすめで、あまり期待せずに参加したのですが、
なかなか素晴らしい内容でした。

<きのうのお話の中から……>

「しおり」という言葉

昔、姥捨て山というのがあったことは御存知ですよね。
口減らしのために、年老いた母親を山に捨てにいくのです。
捨てられる母親は、捨てられることを知っていますが
知らないふりをしています。
そして、息子に背負われながら、道すがら木の枝を折るのだそうです。
なぜかといえば、息子が帰り道に、道に迷うことなく帰れるように、目印として折るのだそうです。
捨てられる自分のこと以上に息子を思う親心なんですね。

この折られた枝が「しおり」の言葉のおこりなのだそうです。

--------------------

私も子供を持つまでは親の気持ちというのは、まったく分からなかったです。
子供を持ってみると、親のありがたさは分かってきます。
親孝行しなくちゃなあと思いつつ、なかなかできない。

良い経営をするためには、やはり人間的な徳を積むことが大切なのだと思います。
人間性を磨かなくては、人の上に立ったり、大きなことをなし得ないのでしょうね。

私も、日々の生活の中で反省ばかり……。

昨日の講演会で、少し心の中がきれいになりました。

1 件のコメント:

  1. へー…へー…
    勉強になるすねー
    栞の話には泣けた!
    明太子にも栞を入れてるけど
    意味合いが違うんだね…

    返信削除