2004年6月3日木曜日

お金に縛られるという罠

数日間の空白が……。

昨日は書いている途中でIEが突如終了してしまい、
メゲて、そのまま終わりにしてしまいました。

さて、ここのところ、会社名を考えたり、
会社設立後に、まずやりたいことなどを考えています。

自分が本当にやりたいことはなんなんだろうなあ?

これに立ち返るしかないと思って、
自分の心に問いかけています。

お金に縛られていると
仕事をもらうのに必死になって
本当にやりたい仕事を生み出せない。

多くの人はこの罠に陥っているのではないでしょうか。
私も、この罠に陥りそうになります。

自分がお金に縛られそうになったら、本当に縛られちゃって身動きできなくなる前に、必ずどこかで軌道修正できるような心構えをもたなくてはと思います。

そのためには、まずお金を「あきらめる」……腹を据えることが大切なのかもしれないですね。

これは、儲けることを放棄するってことじゃないですよね。

お金に対して「あきらめる」ことで、本当にビジネスモデルを考えることができる。……つまり、リスクを取る…ってことかな……。

結構、難しいと思います。

4 件のコメント:

  1. 「金稼ぎ」。これは誰でも考えることで、なかなかうまくゆかない。
    『信念を持って、やりたいことをやる』結果としてビジネスとして成功することが多い。なんせ迫力が違いますから。

    返信削除
  2. ご無沙汰しています。
    「お金を稼ぐ」という事は決して悪いことではないと思います。
    渋沢栄一は、「金儲けを品のわるいことのように考えるのは、根本的に間違っている。しかし儲けることに熱中しすぎると、品が悪くなるのもたしかである。金儲けにも品位を忘れぬようにしたい。」
    さらに、「お金は労働の垢みたいなものだ、とらわれるな」と・・・・。
    私はこのフレーズが好きなんですよ。どうですか?

    返信削除
  3. mizu-sinさん
    ささ、お茶でもさん
    ふか~いコメントをありがとうございます。
    信念、品位
    良いお言葉をいただき、また自分のヒントになりました。

    返信削除
  4. はじめまして。
    先月末に会社を設立したばかりの、新米経営者です。^^
    ちょっとこの日記のタイトルに興味をひかれてやってきました。
    私が今一番考えていることは、会社としてどう社会に貢献できるか、ってことなんです。自分が行なうサービスでお客様のビジネスに貢献し、その対価をいただくことで私もハッピーになれる、というのが理想なんです。
    アハハ、でもこうやって文字にすると、すごく「甘ちゃん」の考えだって気がしますよね(笑)。
    でも、みなさんのコメントを読んで、やっぱり私の考え方は間違ってないな、と励まされました!

    返信削除