2004年5月27日木曜日

結果じゃない、過程が大切、過程を生みだす見えない力が大切

今日は日本経営品質賞の審査員二次選考の研修に行ってました。三日間のプログラムの一日目です。

岡本正耿先生という、日本経営品質賞のエキスパートの先生が研修を担当してくださいました。

参加して良かった!

日本経営品質賞はやはり素晴らしいと思います。

知らない方に説明するのは、とても難しいのですが、
経営に対する基本的な考え方をまとめたもので、
「考える経営」を評価しようという賞です。

賞を取ることを推奨しているのではありません。
アセスメント基準書という、自社の経営を推し量る「ものさし」を提供しています。
これを利用して社内アセッサーが自社をセルフアセスメントすることを通して、経営革新を促そうとするものです。

岡本先生のお話も初めて聞いたんですが、とても奥の深い内容で本当に目の覚める思いでした。

中でも、「コンテンツを評価するのではなく、プロセスを評価する」の意味は本当に奥深いものと理解しました。

経営革新、経営改善に取り組まれる会社はたくさんあると思います。
ですが、ついつい手法から入ってしまいがち。
「××をやっています」は落とし穴……これは優れた経営であるかどうかの評価の対称にはならないそうです。

たとえば、
「早朝勉強会をしています」
「クレドカードの読み合わせを行っています」
「あいさつ運動しています」

これらのことはすべて「コンテンツ」と呼ぶのだそうです。
コンテンツには意味はないのです。

それに対して、プロセスというのは、コンテンツを導入するにいたった過程を指しています。

たとえば、

「社内で問題意識を抱えるメンバーが集まり討議をするうちに、価値観共有がどうしても必要だと考えるにいたった。……その手法を探るうちに、早朝勉強会で社内で使う用語についての統一を図ろうという試みが生まれた。」

「みんながどうして挨拶をしないのか、社内のメンバー数人が継続して話しあっていた。そのうちに話しあいに参加した数人が積極的に気持ちよく挨拶するよう努力し始めた。それがムードメーカーになって、同じセクションのメンバーも小さい声ながらも挨拶をするようになってきた。」

つまり、他社などで成功した「結果」としての「仕組み」を、ただ自社に持ってきても意味がないということです。

それよりも、これらの仕組みを導入しようと思うにいたった社内における対話や、対話のできる風土、これらを評価すべきだと考えるのです。

難しいですよね~。

だって、要するに大切なものというのは見えないものなわけです。

でも、まさしく、これが「学習する組織」。
私の今年のテーマです。
やっぱり、「学習する組織」のテーマは間違っていない。必ず掘り下げて理解する必要のあるテーマだ、と確信でき、とても嬉しい気持ちになれました。

2 件のコメント:

  1. 相変わらず頑張っているご様子。
    いつもプラスの刺激を受けております。
    先日は勝手に日記で美樹さんに触れてしまい
    ご迷惑をおかけしたかも知れません。
    >日本経営品質賞はやはり素晴らしいと思います。
    本当ですね。
    「経営品質」「環境経営」「crs:企業の社会的責任」等々新しい企業経営に関わる概念が出てきますね。
    品質経営は1996年社会経済生産性本部から出版された
    「日本経営品質賞」という本で初めて知り、注目しておりました。もう1冊は「学習する組織をつくる」
    カレン・e・ワトキンス、ビクトリア・j・マーシック共著、日本能率協会から1995年出版されています。ご参考になれば幸いです。

    返信削除
  2. うおーす!
    だんだん楽天日記にも慣れてきました。
    使い方はイマイチですが… ぼちぼちでいいや。
    楽天日記て不思議世界ですよね~デジタル象牙の塔
    みたい…アナログでは表現できてる人は少ないのかも
    ところで、今「コンテンツビジネス」が大流行ですよね
    今日の話⇒そーうやねっと思った。コンテンツって過程
    の中から導かれたもので、過程を辿らず、過程を検証無しには、与えられたコンテンツをいくら活用しても
    ぼた餅やもんね!リッツのクレドはリッツだけのもの
    美樹ちゃんどんどん勉強して教えて!ね~

    返信削除