2004年5月19日水曜日

お花屋さんになりたい!

こんばんは。

お花屋さん、いいですよね。
花に囲まれた日々、私も送ってみたい。
でも、私はお花屋さんにはなりません。

うちの娘が花屋になるんだそうです。

5才の時に、保育園の卒園式で、将来××になりたいです!
というコメントをいうために、娘が思い付いたのが
お花屋さん。

それから3年…8才になった今でも
何故か、つよ~く、「お花屋さんになりたい」
を維持しつづけております。

娘が5才の時、おばあちゃんにこのことを話したところ
大反対されたらしい。
花屋なんて儲からないから、やめろ…とのことだそうです。
たぶん、おばあちゃんの頭の中には近所のわびしいお花屋さんの姿が……。

ですが、私はず~っと賛成。
お花屋さんといっても、いろいろな業態が考えられますよね。
ひょっとしたら、すっご~い花業界のトップ企業になっちゃうかも……なんて、夢は膨らむ。

で、娘にマーケティングを教えようと思い、いろいろなマーケのアイディアを1年生にでも分かるように話していました。
娘もその話が好きで、うきうきしながら、二人でいろいろなマーケティングプロモーションのアイディアを話し合っていたんですよ。

さて、娘は今日も言ってました。

「お花屋さんになりたい。」

ふと、自分のことを考えてしまった……。
8月には会社を作ります。
いろいろなことが頭に浮かびます。
独立の日が近付くにつれ、不安が頭をよぎります。

2月頃までは、いろ~んなビジネスアイディアが浮かんで
ホントに早くやってみた~い……ていう感じでした。
だんだん、現実が近付くとともに、うきうき感が薄れてきたかなあ……。

逆に一歩づつ近付いているという証拠なのかもしれないが……。

山を登り始めると、頂上は見えなくなるといいます。

頂上を見失わないように、再度、自分の心の中の
5才の私と、対話してみたいです。

「お花屋さんになりたい」

の気持ちをもう一度、確認します。

2 件のコメント:

  1. 8月に会社出来るんですね。自分の事みたいにワクワクします。私も教室始める前いろんなアイデアがあっていざ教室がスタートするとこれで良いのかなと自問自答する日々です。第一号のビーズ教室の生徒さんがだんだん増えてきて、責任を感じて来たり、教室の準備に終われたり。でも遣り甲斐はあるし、何よりこの仕事で人生における友達作りが出来る事が私にとって素晴らしい事です。日記楽しみにしています。

    返信削除
  2. spring.fさん
    ご訪問ありがとうございます。
    いやあ、ホントにこれからどうなることやら……。
    でも、心に自分の夢を持ち続ければ、きっとどうにかなりますよね。
    一緒にがんばりましょうね。
    これからも、よろしくお願いいたします。

    返信削除