2004年4月3日土曜日

おかみの世界っつ~のは……。

今日は、中小企業診断協会の新入会員歓迎会っていうのに、参加してきました。

私も官報に載って、3月1日から晴れて診断士なのよ。

で、個人的には、新しい世界が広がることへの期待で、ウキウキしてるんですが……。

実際のところは、おかみ(経済産業大臣)が仕切っている資格っていうのは、やっぱ堅いというか……なんだかなあ~という部分がなきにしもあらずです。

本日の、歓迎会ですが、とにかくいらっしゃる先生方の年齢層が高いのに、オドロキ!

40代、50代、なんてものじゃないです。
プラス20くらいですから……。

「先生」と持ち上げられている方は皆さん、70歳くらいに見えました……。

精神的な若さを持っていれば、実年令は関係ないのですが、年令層が高いこと以上に驚くのは、起業家精神の欠如です。

診断士で独立しているコンサルの人でも、ほとんどが個人事業主の域を抜け出ていない。

「仕事を作り出す」ってことを考えられる人は本当に少なくて、ほとんどの人が「仕事をもらう」ことばかりにフォーカスしてるように感じました。
これじゃ、ただの下請けと変わらないじゃないですか……。そんな、自分でビジネスを生み出せないコンサルタントに相談して、何か役にたつんですかね~。

起業家精神を持ったコンサルタントって、ホントに少ないんですね。

有資格者の中で、大きな夢を描ける人っていうのは、ほんの一握りなんでしょうね。

なんか……

どうも、あの空気は合わないみたいです。

一応、諸先輩方の手前、
初々しく

「よろしくお願いいたします」などと言っておりましたが

名刺もらうのも、あんまし嬉しくないなあ……と心の中では思っていたりして……(ここだけの話)。

自分もこれから独立するわけですが、同じようにならないよう、気をつけようと思います。

心の中にどんな夢を持っているかで、その人の生き方、スタンスは変わってしまうと思います。

2 件のコメント:

  1. おはようございます。
    私も一応入会してますが、諸先輩方(じいちゃん)の意識の低さとガチガチの組織体制には「??」を
    感じます。実習の終了日にはお偉方から「独立はしないように」と言われ、びっくりしました。そんなので「創業支援」なんてよくやってるね?と言いたくなります。たぶん診断士資格は将来なくなると思います。資格をもっていないコンサルタントの方が優秀な方が多いですから。
    実は私は、公的機関での公的診断のチャンスがあると考えてたのです。更新の条件にもなってますしね、とにかくまず診断するきっかけをつくりたかったんです。ぼーっとしていても仕事は来ませんから。しかし、関西一円の支援センターに問い合わせたところ「空き」はありません、とのこと、ということで新人診断士は「どうすれば入れてもらえるのですか?」と尋ねると「実績を積んで下さい」。
    「?」ですよね、実績を積むために入ろうとしたのに。だいたいどの公的機関のコーディネーターやアドバイザー診断士の方は「実績を積まれた」じいちゃんがへばりついている状況なので入り込めません。以前に受けた面接でも「実績がね」といわれ、「ここにいる方はみなさん経験だけで食ってるんですか?」と聞き返し、落ちました。(笑)
    ところで、若い診断士はなにをしているかと言えばほとんど「講師」です。私も一応あてはあるのですが。ですから美樹さんの独立に慎重な姿勢はすごいなと思います。用意周到で臨まれているな、と感じます。私は考えていたプランを全てやりましたが、どれもダメ。うーん、厳しいというのが現状です。
    おそらく、チャンスは山のようにあると思うのですが、今のところつかめてません。力不足を痛感してます。次の手を考えているところです。

    返信削除
  2. 心の中にどんな夢を持っているかで、その人の生き方、スタンスは変わってしまうと思います。
    この言葉 感動です 
    実感です
    よりすぎらしい夢をもって・・・・・
    徳ちゃん

    返信削除