2004年3月9日火曜日

形のないものほど形を作って売れ!

ひさびさに家族四人揃っての団欒の夕食でした。
で、旦那と話しているうちに気づきがあったので、
さっそく楽天に記録しておくことに……。

私「コンサルティングってつかみどころないからさ~。ビデオにまとめようかと思ってるんだ~。」

旦那「そうだね~。
形がないものほど、形にしとかなきゃ、買う人は悩むよね。見てみなくちゃ、買うかどうか決められないもんね。」

私「う~ん………今のいただき!!」

そうなんです。
教育、コンサル、サービス、など形のない商品。
こういったものほど、形をきっちり決めた商品化が大切なんですよね。
ついでに、そのサービス(商品)をリアルに説明できる販促ツールが必要ですね。

<例>
子供向けの英語教育事業を行っているワールド・ファミリー・クラブ。
ミッキーちゃんの英語システムをセットで60万円くらいで売っています。
売ったあとのフォローもきっちしているので、すごく満足度が高いと思います。
英語システムを買った人は月々3,000円払って、会員になります。すると……。

・2ヶ月に一回の会報誌の送付。
・毎週1回のネイティブによるテレフォンイングリッシュ。
・年に数十回、日本各地で開催される日帰りイベント。
・海外旅行、ディズニーランドなどへの宿泊旅行をからめたイベント。
・インターネットによる子供むけEラーニングサービス。

が受けられます。

この商品は、形のある教材 (ビデオ・本)+形のないサービスでできています。

形のあるほうは、60万円くらいの英語教材。
形のないほうは、月々3,000円くらいの会費なんですが、これを6年間続けた場合は、216,000円。

少々価格は高いですが、形のある商品のほうで、サービスの素晴らしさを感じてもらって、形のない商品につなげる。
こうして、既存客さんからの売上を安定させているんですね~。

ここまで、商品化をきっちりしておいて……。
さらに、販促ビデオが、すごい!
これを見たら、子供が「○○も、早くあそこ行きた~い」
って、イベントなどに行きたくなるようなカンジに作ってある。

親としては、入会せざるを得ないんですよ~。
逆に考えれば、入会したいから商品買ったとも言えます。

「形のないものほど形を作って売る」

このコンセプトはこれからのサービス経済時代には、キーポイントになるんじゃないかなあ……。

4 件のコメント:

  1. すげーーーーー
    すげーーーーー
    すごいです
    すごい
    これはすごい
    徳ちゃん勉強になりました
    ありがとうございます
    実は 今 徳ちゃん式ニュースレターの
    書き方という テープを作ろうと思っているんです
    参考になりました
    本当にありがとうございます
    すげーーーーーーー
    すげーーーーーーー
    徳ちゃんでした

    返信削除
  2. 千葉県はちょっと遠いなあ。
    ランチェスター経営竹田ビジネスモデルの話を一度聞かれるとよいです。
    目からウロコです。

    返信削除
  3. まずは、カイエン名古屋さんのページをご紹介します。
    http://plaza.rakuten.co.jp/1simple/2000
    竹田先生は、田岡先生の外弟子というところでしょうか。
    内弟子は矢野先生にあたります。
    ランチェスター理論は、競争の理論でそれ自体では全く経営とは関係ありません。
    それを経営に応用したのが田岡先生です。
    ランチェスターには、競争条件の有利な強者が取る戦略と競争条件の不利な弱者が取る戦略があります。
    竹田先生は、弱者の戦略のみを扱って見えます。
    もともと竹田先生は東京商工リサーチで営業されていて日本で一番商工年鑑を販売されたそうです。
    その後、講演活動と経営相談をされていました。
    そして、講演で稼いだ5000万円をつぎ込んでビデオを作成され、勉強の教材として販売されてきました。
    ここ数年代理店の拡大に重点を置かれています。
    問題はその中身ですが、これは本を読まれるか。
    戦略社長塾を受けられるまたは、ビデオを購入されるのは一番手っ取りばやいと思います。
    私も、このビデオに出会うまでは中小企業診断士とかitコーディネーターとかに憧れていました。
    しかし中小、零細を自分の客層とすると全く役に立たないということが解りました。
    いずれにせよ。コンサルタントを今後されるのであれば、経営の目的。経営の8大要因とそのウェイト付け。戦略と戦術の違い。業績の98%は社長の実力で決まる。などは知っておくべきだと思います。
    私も10年近くソフト会社の経営陣にいましたがこれは本物だと踏んでいます。
    今日のところはこんなところで。

    返信削除
  4. こんには、酒屋のせがれです。
    「バタ貧」脱出しました。
    しかし私の場合は慢性「バタ貧」かも・・・(^^;
    酒屋さんは「お酒」を売りますのでお客さんはそれがどういうものか理解しています。
    形のないものはどうやって売るか難しい・・、私も悩んでいます。
    で、考えたのがセミナーでの自分の講演内容を録音して販売すること。
    it岩崎さんが好意で竹田先生の講演内容をcd化して配布していただいたときに思いつきました。
     早速、準備始めました。(実はバタ貧の理由はこれでした。あはは・・)

    返信削除