2004年3月12日金曜日

四日間で消えた多大な広告費

今週の火曜から金曜(今日)まで
東京ビッグサイトで展示会をしていました。

今回の展示会にかかった費用は〇〇円。


で、四日間でうちのブースに来て名刺を置いて行くなり、住所を書いて行くなりした人の数で、かかかった広告費を割りました。

すると、一人あたりにかかった費用が分かる。

この広告費を回収することを考えると、

かけた額だけ、この展示会の結果として売らないとならない。

商品の額で全広告費を割ってみると、だいたい何人が成約してくれれば良いかが分かる。 

それだけ売れない場合には、
広告宣伝効果は低いってことか……。

……まず、無理だと思います。

展示会って、お金かかりすぎですね。

経費のかからないセミナーとかのほうがいいかもしれない。

ですが、これも業界の勢力図を表わすイベントですから……。ブランディング効果を考えると、なんとも言えません。

むずかしい……。

広告宣伝って、必ずしも即効で効果の出るものだけ、費用対効果だけで、決定することはできないな……とも思うのです。

神田先生の感情マーケティングとはちょっと違ってしまうんですが……。今までプロモーションをやってきた経験での、ナマの思いです。



1 件のコメント:

  1. jin1965さんのところ経由で参りました。
    御挨拶が遅れました。『何しか気合じゃ』です。
    てんびんの詩って結構皆さんご覧になってるのですね。
    近江商人恐るべし・・・
    わたし以前にイーラーニング業界にいたときに、幕張
    やビッグサイトやみなとみらいや大阪では大阪ドーム
    などの展示会に出展してました。
    ベンチャーだったので知名度を上げるとかそういう
    次元でもあったのですが、ブランディングという余裕
    はなくて、とにかく実際の商談ができるようにと必死
    でした。業界自体が新しかったので、強者弱者がまだ
    混沌としていたので勝機(商機)はありましたね。
    取りとめも無くごめんなさい。
    またお邪魔します。

    返信削除