2004年2月5日木曜日

介護ビジネスの可能性

実務補習三日目。

5人のプレ診断士が三日も同じテーマについて調査、分析、討議してると、さすがに見えてくるものがある。

コンサルは独立系で一人でやるというのもいいけど、やっぱりネットワークを使ったりした数名によるグループコンサルというのが優れた結果を出せるんじゃないかと思う。

三人寄ればもんじゅの知恵ってやつですね……。

今日は介護ビジネス関連の診断をしていたんですが、介護分野での新しいビジネスモデルを考えてしまったよ。すでに事業化されているかもしれないけど……。こんなビジネス面白そうだなあ……なんて考えてました。

診断士も官の民への移行という日本の情勢に合わせて、今後はNPOとか社会福祉法人とか、学校法人などに対する支援が求められているらしい。

国の考え方っていうか、日本社会の進まなきゃならない方向が分かってくると、ビジネスチャンスも見えてくるかもしれないね。

0 件のコメント:

コメントを投稿